パーフェクトクラニオロジー協会


パーフェクトクラニアルテクニック 私たちは真の健康を追求しています。
PCT概要説明 top image


HOME > CSF=脳脊髄液
CSF=脳脊髄液」の生成・循環・吸収の経路

「CSF=脳脊髄液」とは、脳室内の脈絡叢(側脳室、第三脳室、第四脳室)で産生され、脳内では上矢状静脈洞内に突出するクモ膜顆粒で吸収され、脊髄では脊髄神経内へ流入し、神経周囲腔を通り神経末端まで流れ、末端の組織で吸収される。詳しくは下記を参照してください。

「CSF=脳脊髄液」の生成・循環・吸収の経路

CSF生成 = 脳室内の脈絡叢(側脳室、第三脳室、第四脳室)
側脳室と第三脳室の脈絡叢はつながっている
側脳室の前角と後角には脈絡叢はない
脊髄中心管(上衣細胞で生成、量は僅か)

吸収する所 = 頭では上矢状静脈洞内に突出するクモ膜顆粒から血液へ
脊髄では脊髄神経起始部で静脈叢と神経周膜の中へ

図1.脳脊髄液の流れ



流れる経路 = 側脳室→室間孔→第三脳室→中脳水道→第四脳室→第四脳室外側孔と正中孔を通り外髄液腔(クモ膜下腔)へ(脊髄中心管で生成されるCSFは上行し第四脳室へ)クモ膜下腔のCSFはクモ膜顆粒で吸収、脊髄神経起始部で一部吸収、クモ膜の血管でも若干吸収される。残りのCSFは脊髄神経へ流出する。

図1.脳脊髄液の流れ


脊髄神経内へ流入したCSFは神経周囲腔を通り神経末端まで流れ、末端の組織でリンパ、組織液となる。(途中の血管でも吸収される)

脊髄硬膜とクモ膜は神経根に伴って椎間孔へ入り脊髄神経節を包む袋を造る。

硬膜はこの後、脊髄神経の神経上膜にクモ膜は神経周膜に、軟膜は神経内膜に移行する。

末梢神経線維は一本、又は数本が一つのシュワン鞘に包まれ、それらを基底膜が包み、その外側を神経内膜という薄いまばらな結合組織の膜に包まれる。これらが集まって束になり神経周膜に覆われる。神経周膜の内面は内皮様細胞に覆われる。

この細胞の内側は通液路で脊髄のクモ膜下腔に続きその中をCSFに続く液体が満たしている。

図2.脳室図3.脊椎断面



トップページへ